menu

乳がん,ピンクリボン

乳がんセルフチェック

早期発見のためにも、
まずは定期的な乳がんセルフチェックを!

乳がんは自分で発見できる数少ないがんです。早期発見のため、月1回の乳がんセルフチェックを習慣づけましょう。早期発見は、乳がんから身を守るための最も有効な方法です。
生理が終わった1週間後に、閉経後の人は毎月、日を決めて行いましょう。
乳がんセルフチェックと並行して、必ず定期検診も受けましょう。
毎月、乳がんセルフチェックをしているうちに自分の乳房の普通の状態がわかり、異常を早く見つけられるようになります。少しでも異常があったら、ためらわず専門医の診療を受けましょう。

乳がんセルフチェック方法

CHECK 1.

check_01まずはじめに、左右の乳房や乳首の形を覚えます。
両腕を下げた状態で確認してください。

CHECK 2.

check_02両腕を上げて乳房を鏡に映し、次のことを正面、側面、斜めからよく観察します。

1.乳首や乳房の皮膚のどこかに、くぼみやひきつれたところはないか?
2.乳首がへこんだり、かさぶたや湿疹のようなただれなどはできていないか?

CHECK 3.

check_03あおむけに寝て、調べる乳房側の肩の下にあまり高さのない枕や座布団を敷くなどし、乳房が垂れず胸の上に平均に広がるようにします。(右の乳房を調べるときは右肩の下)

CHECK 4.

check_04乳房の内側半分を調べるには、右腕を頭の後方に上げ、左手の指の腹で軽く圧迫しながら、滑らせるようにして、まんべんなく触れてみます。

CHECK 5.

check_05外側半分を調べるには、右腕を自然な位置に下げ、やはり左手の指の腹で同じようにまんべんなく触れてみます。最後にわきの下に手をいれ、シコリがないか指先で確かめます。

CHECK 6.

check_06乳房を指先でつまむようにして調べると、異常がなくてもシコリのように感じてしまうため、必ず指の腹を滑らせるようにして調べてください。(左の乳房も同様に。)

CHECK 7.

check_07左右の乳首を軽くつまみ、お乳を搾るようにし、血液のような異常な分泌液が出ないかどうかを確かめます。