menu

乳がん,ピンクリボン

年齢別乳がん検診

毎年8万人の女性が乳がんになっています

乳がん検診の内容は、問診、視触診、マンモグラフィ検査、超音波検査すべてを行うのがベストです。が、すべてを受けられない場合もあるでしょう。
乳房のチェックは、年代や体質に応じて、どうしても受けてほしい検査と注意してほしいポイントが異なります。
そこで、年代ごとにおすすめの乳がん検診とそのポイントをご紹介します。早期発見のために、自分に合った検診を賢く選んでください。

age_map

20代の乳がん検診のポイント

乳房の状態と今後のリスクを知るため

乳房の状態を把握するために、血縁に乳がんの人がいるなどリスクが高い場合はマンモグラフィや超音波などの画像検査を医師と相談しましょう。自分の乳房の状態を知って、乳がんのリスクやかかりやすい病気などをチェック。

30代の乳がん検診のポイント

年1回、超音波検査を組み合わせるとベスト

年1回、視触診と超音波を組み合わせた検診がベスト。必要に応じてマンモグラフィ検査を。
30代はまだ乳腺の厚みがあるため、超音波検査を優先してください。日本女性の乳がんは40代で発症する人が最も多く、30代の乳がんも少なくありません。

40代の乳がん検診のポイント

年1回、マンモグラフィと超音波がおすすめ

日本女性の乳がん発症のピークは40代。“乳がん適齢期”を自覚し、年1回、マンモグラフィと超音波検査はぜひ行って。視触診だけでは早期発見はむずかしい。

50代の乳がん検診のポイント

閉経前後も忘れずに年1回の検診を

40代と同じく乳がん発症率の高い年代。更年期世代で女性ホルモンの変動があるため、乳腺の状態も変わりやすい時期。1年に1回のマンモグラフィとできれば超音波の併用検診を忘れずに行いましょう。更年期障害の不調で忘れてしまう人も少なくありません。閉経しても乳がんにかかる可能性はあります。

60代の乳がん検診のポイント

1年に1回、マンモグラフィ検査を

乳腺組織が萎縮し脂肪に変わるため、乳房の状態はマンモグラフィで見えやすくなります。1年に1回、マンモグラフィ検査を行いましょう。70代からは乳がんのリスクも低くなります。