menu

乳がん,ピンクリボン

マンモグラフィについて

マンモグラフィってなんですか?

マンモグラフィーとは、乳房のX線撮影のことです。
乳房を片方ずつ上下や斜めから挟んで(圧迫して)撮影します。
乳房は比較的柔らかい組織で出来ているために専用のX線撮影装置やフィルムを使って撮影します。

マンモグラフィで何がわかるの?

乳ガンは年々増加しており女性の40~50代で一番多いいガンは乳ガンなのです。

乳房にできる病変はいろいろあり、良性の場合もあれば悪性の場合もあります。 ほとんどの場合はマンモグラフィー(乳房のX線検査)で見つけることが出来ます。 また、しこりが触れる場合に乳房の写真を見てそれがどういうものかを診断したり、視触診(体の外からの診察)だけでは見つけるのが難しい病気を見つけることも出来ます。 ですから、怖がらずに正しい検査を受けましょう。

被爆量の心配は?

X線検査では、少なからず被爆が伴います。
装置やフィルム等の改良によりマンモグラフィーの 被爆線量はきわめてわずかになっており、ほとんど問題ありません。

なんで乳房を圧迫するの?

マンモグラフィー(乳房のX線撮影)では、乳房を挟んで平らに圧迫して撮影します。圧迫の際に痛みを伴いますが、とても大事な事なのです。
乳房の中の組織が見えるようにできるだけ広げなければなりません。

また、平らに広げることだ被爆線量が少なくすることが出来ます。乳房を1㎝薄くすると 被爆線量が半分になります。
良いマンモグラフィーを得るためには圧迫はどうしても必要な事です。 少しの間がんばって下さい。